プレセぺ星団

今日の朝は雲がなく晴れていますが、春霞が始まっているようで少し霞んでいます。左側に見える北岳も雪が解けてきたようです。

八ヶ岳も雪も少なくなってきました。

今日の名のある星は、かに座のM44「プレセぺ星団」です。かに座の甲羅の中心にあり、肉眼で見るとボヤっと見ることができます。写真は双眼鏡(7度)で見た様子です。200mmの望遠レンズ(カメラEOS Ra)で撮影していますが縦画角が6.8度なので6.8度で切り取っています。画像切り取りにはPhotoshop Elementsを使ってみました。

かに座の探し方は、春の南の天頂付近に見えます。星座自体は暗いので1等星のふたご座のポルックス、しし座のレグルスの間で見つけます。

2+

C36

今日の空は雲が多いですが晴れです。朝の気温も0.3度と下がったため薪ストーブを焚きました。まだまだ寒気はやってきますね。

朝方月が見えていました。下弦の月を過ぎると海の部分があるのであまり光って見えませんが、位置さえ事前に調べておけばすぐに発見できます。

久しぶりに撮影した、カルドウェル天体はかみのけ座の渦巻銀河C36です。カラフルな銀河ですがあまり情報のない銀河ですが大きさ的には大きい銀河です。パソコンのパワーも上がったため処理時間も半分ぐらいになりましたので、そろそろお気に入りの星雲星団を本格的に撮影していこうと思います。

2+

黄砂

今日の空。薄っすらですが霞んでいるようです。

16時の気象庁の黄砂情報の画像です。日本海と東日本の太平洋側に黄砂が映っています。
気象庁 | 黄砂情報 (jma.go.jp) で種類「トゥルーカラー再現画像 」で閲覧できます。白は雲で、グレーぽいのが黄砂です。

今日も星が見えないので、りょうけん座のカルドウェル天体C26で、地球から約1350万光年の位置に存在している渦巻銀河を横から見た姿です。海外では銀色に輝く産毛に覆われ、針のようにピンと伸びた姿の「白毫銀針:はくごうぎんしん」の茶の葉に似ていることから「Silver Needle Galaxy」と呼ばれています

カルドウェル天体の在庫も底をつきました。天気の回復を待ちます。目標はC66までで、あと残り15天体です。

2+

中間渦巻銀河

今日の朝の空はちょっと霞んでいました。黄砂がやってきたようで甲府の方では視界が悪かったようです。夜は曇り空となってしまいました。

今日のカルドウェル天体は、うしかい座の渦巻星雲C45です。約5900万光年の位置にあるコンパクトな中間渦巻銀河です。中間渦巻銀河とは、棒渦巻銀河(SA)と非棒状渦巻銀河(SB)の間の分類となっていてSABという記号で表しています。

銀河の分類は下記のように表します。

3+

楕円銀河

今朝は曇り空で、いかにも泣きさしそうです。夕方から雨が強くなりました。

今日はカルドウェル天体のストックから紹介です。おとめ座の楕円銀河C52です。4000万光年から5000万光年離れた位置にあり、おとめ座銀河団IIの一部です。楕円銀河はうずまきの見られない銀河です。特に模様もなく、中心ほど明るい円形あるいは楕円形をしています。

3+

まとまった雨

今日の空は一日中雨空で、まとまった雨が降りました。21時現在で25mm(24h)も降っています。

で、貯め取りしていたカルドウェル天体は、りゅう座の棒渦巻銀河C3です。地球から約1170万光年の位置にあるM81銀河団を構成している一つの銀河です。もう少し銀河の腕が写りそうですが、露出不足の様です。

3+

じゃり

今日の空は曇り空でしたが、気温は上昇し15℃ぐらいの気候となり外で作業するとちょっと汗が出ました。

駐車場に砂利をひきました。土がむき出しだったので雨が降るとタイヤとボディ下回りが泥はねで汚れましたが、これで無くなるでしょう。家の周りもまいてみました。明日は雨の天気予報で今晩も曇り空でした。

カルドウェル天体は、かみのけ座の楕円銀河C35。かみのけ座銀河団の中の一つで回りに小さな銀河が沢山写っています(点像ではなくボケているもの、楕円形の物は銀河です)。

3+

月が綺麗

今日も青空。暖かい一日でした。

今日の月はシャープ処理をしなくてもディテールが綺麗に写りました。大気の状態がいいのでしょうか。でも夜半は曇ってしまいました。

今日のカルドウェル天体は、りょうけん座の真横を向いた渦巻銀河C32。くじら銀河とかイワシ銀河と言われています。この銀河も星がたくさん生まれています。

3+

地球照

今日の空。八ヶ岳ブルーが戻ってきました。

月は月齢4となり明るくなってきました。今日も地球照が綺麗だったので撮ってみましたが時間が早かったようでコントラストがうまく出ません。地球照とは字のごとく太陽から照らされた地球の光が反射して月を照らしている姿です。満月近くに月の光で地上が明るくなるのと同じです。

今日のカルドウェル天体は、りょうけん座の不規則銀河C21です。この銀河は、銀河系の伴銀河である大マゼラン雲と似た大きさで、星形成の進んでいる銀河です。今宵も良く晴れたので4天体ほど撮影しました。

3+

Needle Galaxy

今日の空。段々と春めいてきました。

月は月齢3.0。雲があるせいかギザギザの月でした。

今日のカルドウェル天体は、かみのけ座の渦巻銀河C38 。側面が狭いため、Needle Galaxy(縫い針銀河)として知られている 。我々の銀河も真横から見るとこの様な姿だと引き合い出されている。前に紹介したC23も真横から見た姿でした。

3+