1/29のズィーティーエフ彗星

今日の空。寒いほど青い空です。

月は本日半月ですが、すでに19時間経っていますので一寸膨らんでいます。

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2022 E3) は光度5.0等になりました。まだ西に月が有ったので露出時間を短くして、撮影枚数を稼ぎましたが、露出時間が短すぎたようで画像処理に時間がかかりました。
尾が反対側に流れているため、ダストテールはぼんやりですが、イオンテールは薄く4時の方向に見えています。

2+

寒波続く

今日の空。昨晩までの雪は2cmほど積もりました。

朝の外気温はマイナス8℃。観光協会の大泉の気温はマイナス10.4℃。気象庁大泉測候所はマイナス10.9℃。で寒さを更新しています。

月は明日0:19に半月なので、ほぼ半月です。

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2022 E3)は、明るくなりましたが尾が反対側にあるので小さくなったように写りました。肉眼では見えず、双眼鏡では前回より明るく見えるようです。
彗星は β UMi(こぐま座β星)の上にまで移動しています。

2+

寒さがまだ続きます。

今日の空。寒い朝が続いて午後からまた雪が降り始めました。温度計はマイナス8℃!

もう一つのズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2)です。1/25に撮影しました。

彗星の近くのM103散開星団。1/26に接近したのですが、撮影できませんでした・・・。
1/19撮影ですが久しぶりのメシエ天体撮影でした。

1+

ズィーティーエフ彗星

今日の空。朝には雪が止んでいましたが、強風が吹き荒れました。雪は2cmほど積もったでしょうか(車の上は3cmほど)。

宵の明星と土星。今日はよく見えました。

月。意外とシャープに撮れました。明日は木星と接近します。

明日は天気が悪そうなので、ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2022 E3) 撮影しました。

望遠鏡では、華麗な姿をしています。(写真は天の北極を上にしています)
真っすぐ右に伸びているのがイオンテイル(タイプIの尾)、上側の尾がダストテイル(タイプIIの尾)、左側の尾はアンチテイルと呼ばれ、地球が彗星の軌道面を通過するときに、その位置関係から見られるものでほぼ直線状に見えます。

2+

1/24のズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2022 E3)

今日の空。庭の梅の花がすでに咲いていました。これから極寒に入ります。夕方から雪が積もり始めました。

23時頃から急に晴れはじめて、ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2022 E3)を見ることが出来ました。雪が積もってしまったので、望遠鏡は出せず手持ち撮影しました。尾は双眼鏡では確認できませんでした。
中央下に見えます。

21時の予測位置。2/1が一番明るくなるようです。

2+

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2022 E3)

今日の空。

太陽。

カノープスが見えました。写真は22:08です。南中時刻は22:12ですので、ほぼ真南です。標高1,080mなので結構高く見えます。ステラナビゲーターでの高度 1.399゚でした。

ズィーティーエフ ZTF (C/2022 E3)。光度は6.0等なのでまだ暗いです。肉眼では見えませんでしたが、双眼鏡では淡い丸に見えました。

望遠鏡で撮影しました。

2+

宵の空は金星と土星が接近

今朝の空は雲が無くなりましたが、朝は冷え込みます。

今日の太陽。にぎやかなのでwww.solarmonitor.orgの画像を表示してみました。

夕空には金星、土星が輝いています。土星(0.8等)は金星(-3.9等)の上に見えます。1/23日には、細い月と金星・土星が接近します。

1/22・23の様子です。
金星と土星の接近(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2)を20㎝シュミット望遠鏡で撮影してみました。
標準はFS-60CBの370㎜の望遠鏡にしていますが、小さく暗い彗星は1400㎜で捕らえた方が核の周りが良く見えて良さそうです。画角は0.5°とほぼ月の大きさです。

2+

1/18のズィーティーエフ彗星(C/2020 V2)

今日の空。冬型の天気が落ち着いたのか雲が発生しやすいです。

今日の朝の月。薄くぼんやり見えていました。月齢は25.5。

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2) はカシオペア座にいます。地球とは遠ざかっていきますが、太陽には近づいていきますので、今後尾がもっと大きくなるでしょう。今日は少しエメラルド色に撮影できました。

2+

1/12のズィーティーエフ ZTF (C/2020 V2)

今日の空。昼間は気温が上がり春模様でした(最高気温14.3℃)。でも夜はしっかり寒くなりました(-0.2℃)。

朝の月。朝西側に見えています。

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2)を28cmカセグレンで撮影してみました。
近日点通過時刻 2023年 5月8.55984日 TT(近日点距離 2.227819 au)なので、これ以上の明るさは期待できないようですが、秋まで観測できそうです。
もう一つのズィーティーエフ ZTF (C/2022 E3)は、今日、近日点通過時刻 2023年 1月12.78315日 TTですが、まだ朝2時ごろからが撮影タイミングなのでこれから覗いてみようと思います。

1+

ズィーティーエフ彗星(ZTF (C/2020 V2))

今日の空。

今日の月。

ズィーティーエフ彗星(ZTF (C/2020 V2))を27日に撮影しました。尾は見えますがまだ暗いです。近日点通過は2023/5/8なのでまだ期待は出来そうです。来年は C2022 E3 ZTF が明るくなると期待されています。

2+