レナード彗星6日連続

今日の空。明日の夜の天気図を見ると、また冬将軍の気圧の谷がやって来そうです。

今日もレナード彗星を見ることが出来ました、6日連続です。核の光具合が小さくなったように様に見えます。近日点通過日は1/21なのでまだ太陽に近づきますので変化が見逃せませんが、地球からは遠ざかります。日本からは1月初めまで観察できそうですが低空の南西の空で撮影は難しくなります。(写真の下の2本線は飛行機です)

朝の月。昨夜は遅く昇ってきたので朝撮れです。気流は安定していません。

車のスピーカを交換。純正のスピーカーは後ろのマグネットが小さいです。前の車より半分になってしまっています。マグネットが良くなったか、軽量化のためかよくわかりませんが、音が良くなる理由が解ります。

1+

北岳の上のレナード彗星

今日の空。お天気が続きます。

今日のレナード彗星。自宅の2階ベランダから撮影してみました。ちょうど南アルプスの北岳の上を移動しました。良い天気が続き低空が霞み始めました。また、シャッターレリーズのタイマに間隔をセットするとその分露出時間が短くなるようで3/5の露出時間で適正露出になりません、明日は考慮します。下に風景が有るときは無料合成ソフト「Sequator」を使用しています。

1+

レナード彗星と甲斐駒ヶ岳

今日の空。朝焼けと夕焼け空です。

今日のレナード彗星を見るためにちょっと移動しました。いて座の左上隅なので、目立った星が有りませんが、カメラのデジタルファインダーではっきり位置を確認できました。月が出たばかりの光を背に甲斐駒ヶ岳が浮き出ました。彗星と甲斐駒ヶ岳を固定するためにSequatorソフトで処理しています。

今日の太陽。 77mmの望遠鏡で撮影してみましたが、シーイングが悪くはっきり写りません。冬型の気圧配置の時は大気の揺らぎが激しすぎます。(星はキラキラ瞬いているので綺麗ですが・・・)

今日の月。一気に右側から欠けていきます。

2+

今日のレナード彗星

今日の空は山に雪雲がかぶさっています。

レナード彗星の移動量は大きいです。いて座のω星(ωSgr)の反対側になりました。移動量 495.30 “/時間なので1日で3.3°も東に移動しています。山の雪雲が無ければもう少し暗くなり、中心の色と尾がもっと写ったでしょう。明日も天気が良さそうです。

今日の太陽の黒点群はまだ活発です。

今日の月は満月で、コールドムーンと呼ばれ寒さを強調しています。月との距離が今年の満月では最も遠くなり、今年最少の満月となりました。今年最も近い満月は、5月26日でした。その時の満月と比較すると視直径で約12パーセント小さいですが、見た目には解りませんでした。

2+

レナード彗星その後

今日の空。昨晩の雪は夜半に止んだようですが、気温が上がらず日陰の雪は、解けませんでした。

太陽黒点が並んで見える様なので、撮影してみました。どうも15日頃からよく見え始めたようです。

今日の月。明日(12/19)の13時35分に満月ですが、今日の月はほぼ満月で左隅のクレータが少ししか見えません。

レナード彗星 Leonard (C/2021 A1)。明るさは3等星ぐらいは有りますが、まだ薄明が終わっていないので尾が僅かにしか写りません。これからも高度が上がらないので、明るい尾は見えそうもありません。

2+

初積雪

今朝の天気は曇り空で、一時霧に囲まれました。

20時頃から、パラパラと雪が舞っていましたが2時間ほどで白くなるほど積雪し、今シーズン初の積雪となりました。

今日の月は、積雪を照らしています。

明日からのレナード Leonard (C/2021 A1)の位置情報(線は10°間隔)。晴れることを祈ります。

2+

宵のレナード彗星

今日の空も青空です。最低気温-1℃、最高気温12℃で昼間は太陽に当たっているとぽかぽかですが、日が沈むと急に寒くなります。

2日前から挑戦していた、レナード彗星 Leonard (C/2021 A1)を捕らえることが出来ました。画面中央やや下に小さくボヤっと撮影できました(左の山は甲斐駒ヶ岳です)。右隅のたて座γ星が4.7等なのでそれよりも明るいかと思いますが、すぐに沈んでいきました。
この時の高度は5度です。17:30以降の宵の空でないと写真に写りそうに有りませんが、どんどん南側に移動して高度も少し高くなるので、楽しみです。

今日の月。ピンボケ気味だと思ったら、大気の流れが影響しているようです。

2+

ウインターシーズン

今朝の空は青空です。霜が沢山降りたので地面、車の屋根は真っ白ですが霜で大気が洗われ透き通った空です。

12/10早朝のレナード彗星。雲の中当てずっぽうに撮ってみたら、雲の間にかろうじて写って居ました。低空で移動速度が速いので林がある観測所からは撮影できないでしょう。宵の空を期待します。朝の気温は0度で、防寒靴を履かなかったので、1時間ほど戦ったので足の先が痛くなりました。

今日は半月。月面Xが見え始めていますが、340mmの望遠レンズではきついです。

星空案内。スターラウンド八ヶ岳のウインターシーズンのイベントです。コロナ禍とオミクロン株の影響か集客が少ないですが、アットホームなイベントになっています。上弦の月(半月)でも星空が綺麗に見えました。

2+

アトラス彗星(C/2019 L3)

今日の空。朝方富士五湖地方で地震が有り飛び起きました。特に何もなく安心しました。
雪の便りも近くまで来ているので、乗用車のタイヤもスタッドレスに交換しこちらも安心です。

観測所の望遠鏡を口径28cmから6cmに乗せ換えました。焦点距離はフラットナーを付けて370mm(F6.2)なのですが、フルサイズカメラでも切れが良いです。これで彗星、大きな星雲・星団を狙っていきます。

今日の彗星写真は、12/1撮影のアトラス彗星(C/2019 L3)です。2019年6月10日に18.1等で小惑星地球衝突最終警報システム(ATLAS)で発見されました。太陽に最接近するのは2022年1月9日ですが、3.56auも離れて通過するためこれ以上の姿は期待できそうもありませんが、しばらくはふたご座にいるので観察対象です。

2+

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星

今日の空。午前中は風つよしでした。

昨晩のチュリュモフ・ゲラシメンコ P/Churyumov-Gerasimenko (0067P)彗星。雲が横切る中の撮影でした。彗星撮影用に用意していたFS-60CBを久しぶりに使いました。尾の長さは0.5°程写り、月の直径ぐらいに見えます。

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機「ロゼッタ」がとらえた67P。2014年に撮影された画像が有名です。本体は円形でなくダルマ型をしています。

2+