宵の空は金星と土星が接近

今朝の空は雲が無くなりましたが、朝は冷え込みます。

今日の太陽。にぎやかなのでwww.solarmonitor.orgの画像を表示してみました。

夕空には金星、土星が輝いています。土星(0.8等)は金星(-3.9等)の上に見えます。1/23日には、細い月と金星・土星が接近します。

1/22・23の様子です。
金星と土星の接近(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2)を20㎝シュミット望遠鏡で撮影してみました。
標準はFS-60CBの370㎜の望遠鏡にしていますが、小さく暗い彗星は1400㎜で捕らえた方が核の周りが良く見えて良さそうです。画角は0.5°とほぼ月の大きさです。

2+

1/18のズィーティーエフ彗星(C/2020 V2)

今日の空。冬型の天気が落ち着いたのか雲が発生しやすいです。

今日の朝の月。薄くぼんやり見えていました。月齢は25.5。

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2) はカシオペア座にいます。地球とは遠ざかっていきますが、太陽には近づいていきますので、今後尾がもっと大きくなるでしょう。今日は少しエメラルド色に撮影できました。

2+

太陽の活動は活発です。

今朝の空は八ヶ岳ブルーとなりました。

今日の月は、月齢24.5です。

今日の太陽。結構活発です。

宵の明星。かろうじて見えました。明るさはマイナス3.9等です。

今晩の夜空。20:30頃から晴れはじめ星空観望出来ました。でも少しかすんでいるようです。
カノープスを期待しましたが、今日も低空に雲がかかっていました。

1+

八ヶ岳上に架かる天の川

今朝は雲の中。夕方になってやっと雲が切れました。

今晩の空。ちょうど八ヶ岳からカシオペア座に架かる天の川が見えました。
右中央やや上が北極星。左中央やや上にアンドロメダ銀河が見えています。

2+

いっかくじゅう座流星群の火球

今朝の空は今年初めての曇天。

昨年末のふたご座流星群を整理中です。12月14日20時30分36秒に地平線近くに流れた流星はいっかくじゅ座流星群の火球クラスの流星でした。写真から流星痕は45分頃まで15分間写っていました。

流星痕。15秒後‐30秒後-60秒後-90秒後-120秒後-150秒後

2+

今日の空。今晩から雨模様になりました。気温が高いので雪にはならないでしょう。12/22以来のお湿りで、乾燥注意報が消えるでしょうか。

朝の月。月齢は20.5です。15日11時には下弦の月になります。

2+

1/12のズィーティーエフ ZTF (C/2020 V2)

今日の空。昼間は気温が上がり春模様でした(最高気温14.3℃)。でも夜はしっかり寒くなりました(-0.2℃)。

朝の月。朝西側に見えています。

ズィーティーエフ彗星 ZTF (C/2020 V2)を28cmカセグレンで撮影してみました。
近日点通過時刻 2023年 5月8.55984日 TT(近日点距離 2.227819 au)なので、これ以上の明るさは期待できないようですが、秋まで観測できそうです。
もう一つのズィーティーエフ ZTF (C/2022 E3)は、今日、近日点通過時刻 2023年 1月12.78315日 TTですが、まだ朝2時ごろからが撮影タイミングなのでこれから覗いてみようと思います。

1+

電動フォーカサー

今朝の空。車の屋根が黒いので霜が降りて輝いていました。

C11カセグレンは焦点距離が長いため、ピント合わせで鏡筒が揺れて合せにくいので電動フォーカサーを取り付けてみました。
使用感:ぶれないのでいたって快適です。

今日の月。昨日とは違って大気の状態が良いです。

2+

並んだ太陽黒点

今朝の空。今日も冷たい風が吹いています。

宵の明星。高度が高くなったせいか、明るく見える様になりました。光度はマイナス3.9等です。

今日の太陽も黒点群が並んでいるので、望遠鏡を向けてみました。

月。今晩も月に望遠鏡を向けたのですが、全然シャープさが有りません。上空の状態が悪いみたいで月の縁がギザギザです。(月の高度は20°弱)

2+