D600センサークリーニング

今日の空。午前中は青空が見えましたが、午後から下り坂で夜は雨模様でした。台風14号の動きが不安定ですが、これから襲ってきそうです。

NikonのD600のセンサーの黒シミが結構出てきたのでセンサークリーニングに出しました。丸印のほかにも薄いのが沢山あります。もう9年も使っているので、出来上がりが不安です。

2+

撮影準備

今日の空。日中は青空が見えるのですが、夜は曇ります。

木星・土星の撮影準備を9/7から望遠鏡にセットしたままにしておきましたが、曇り空が続き撮影タイミングが有りません。・・・準備がいいと曇りのjinx(ジンクス)が有るのでいったんしまってみます・・・
C11⇒2X POWERMATE⇒ADC⇒電動フィルターホイール⇒カメラ(ASI290MC)の順になっています。

2+

IRパスフイルター

今日の空も晴れ間は望めませんでした。台風14号もじわじわ接近してきています。

IRパスフイルターの効果をデジタルカメラ確認してみました。撮影した写真を白黒化してみると、雲の濃淡が解るようになりました。実際の木星の写真時どうなるでしょうか。

惑星写真で使うASI290MCカメラの特性。680nm以上も感度が有るので期待できます。

参考にIRパスフイルター特性。675nmを境にIRパスしています。

3+

IRパスフィルター

今日の空。今日は基本的に曇り、時々陽が射したり雨が降ったりで、夜は曇り空。夜10時頃にはちこっと星が見え、数分間、秋の四辺形・カシオペア座を見ることが出来ました。

電動フィルターホイールにフィルターをセット。No1にUV/IRカット、No2にIRパスフィルターをセットしました。IRパスフィルターは白黒フィルムでコントラストを出すためのR64に似ています。早く木星が見えないか待ち遠しいです。

2+

電動フィルターホイール インストール

今日の空。昼間は日差しがあったのですが、夜は曇り空。星が輝く夜空は何処に行ったのでしょうか?

電動フィルターホイール Electronic filter wheels (EFW)のインストールをしてみました。
以下覚書で
ZWO社のホームページから
 https://astronomy-imaging-camera.com/
から、サイトナビケーションの「SUPPORTmanual & software」
 https://astronomy-imaging-camera.com/software-drivers
で、ASCOM Drivers (optional)
 ASCOM Platformと
 ASCOM(ASCOM driver to support ASI Cameras, EAF, EFW and USBST4.)
をダウンロードしてインストール。

この後は、EFWとカメラを接続して「Firecapture」ソフトを起動。
「設定」で①のMoterized Filterwheel で②にチェックして③で初期化すると次のポップアップが出るので「ZWO FilterWheel(1)」を選択
④でフイルターを設定。

次はSystem Filtersで名前とiconを設定。(設定しなくても良いようです)

実際の撮影時は、Firecaptureのフィルター設定で切り替えられるようで、正常動作しました。次は実戦ですが木星・土星が見えません。

2+

フィルターホイールを入手

今日の空。しばらく天気は回復しないようです。

LRGB撮影用にフィルターホイールを入手しました。取扱説明書が無いので問い合わせたところ、
以下のWEBページ説明文をご参照くださいとのことでした。
http://www.kyoei-tokyo.jp/shopdetail/000000007520/ct985/page1/order/
https://astronomy-imaging-camera.com/manuals/EFW_Quick_Guide_EN_V2.1.pdf
取説は英語なんでとりあえず読んでもよくわからないので。。。明日インストールしてみます。

2+

赤道儀を入れ替え

今日の空。夏が戻り今日は県下に「熱中症警戒アラート」が発令され、外の温度計は34度近くを示しました。さすが夕方の芝刈りは暑かったです。

向日葵がやっと開花し庭にも夏が来ました。

甲斐源氏発祥の地「若神子城跡」の「ふるさと公園」に鳥居の形をした提灯が有り、今日通りかかったら金星とともに見えました。

赤道儀を入れ替えました。セレストロンCGEM赤道儀からiOptronCEM70というセンターバランス赤道儀です。C11を乗せて使用しますが、どのくらい追尾してくれるか楽しみです。でも今晩は曇られました。。。

1+

星空双眼鏡

今年も5月に入りました。今日の空は思わしくありませんでした。

笠井トレーディングの星空双眼鏡を使ってみました。口径40mm倍率2倍です。星空を覗くとしし座の全体、北斗七星が全体に見えます。目に入る光の量が増えるので3等星が見える場合は4等星ぐらい見えるようです。天気が良くなっかたのでじっくり見ることが出来なかったので、またの機会にチェックしたいと思います。

見え具合のチェックとして、カメラを接眼部に付けて撮影してみました。2倍ですのであまり大きくはできません。周辺はちょっとボケていますが見た目と同じぐらいです。

2+

FS-60CB

今日も良い天気が続きます。

月があるせいでしょうか、冬場ほど星が見えませんでした。今日は望遠レンズで撮影した月です。シャープ処理を以前より強くかけていますのでくっきり見えています。27日にはピンクムーンと呼ばれる満月となります。

昨日撮影した、アトラス彗星(C/2020 R4)です。今回は小型の望遠鏡で撮影してみました。このサイズの方が現実的な感じがします。元々この6cmのタカハシ制製FS-60CBを彗星撮影用に購入していましたが、欲が出て大きな望遠鏡で撮影していましたが、原点に戻ろうと思います。写野角2°はちょうどスバルくらいの画角でしょう。

3+

センサークリーニング

今日の朝は霧に囲まれていました。夜間は雨が降ったようで、車に雨粒が付いていました。今晩の夜も曇りでした。

撮影機材メンテナンスその1でカメラのセンサークリーニング。発売当時から曰く付きのNikon D600で、修理に2度出していますが昨年初めに無償修理の対応が終わってしまいました。また修理期間も終わってしまいました(製造終了から7年?)。 そこで、イメージセンサークリーニングとブロアーによる清掃を実施 しました。大きなゴミは無くなりましたが小さなゴミは無くなりませんでした。センサーには触りたくないので、この辺が限界かと思い、画像処理ソフトで削除します。

3+